【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

FX業者の取引画面を達人が徹底解剖 >>レポーティングを読む


FX初心者必見!FXの仕組みをわかりやすく解説します

はじめてでもわかるFX


私の成功例と失敗例

私の成功例と失敗例は「キャリートレード」に関係します。私の取引スタイルは、デイトレードとスワップ狙いの中長期的な外貨投資です。2つの取引スタイルを約5年にわたり同時に行ってきました。デイトレードは時間があるときニューヨーク時間を中心に、大きなレバレッジをかけ30pips~50pipsの間で利益、損失確定をくりかえします。一応、それなりの成績を残すことができているので、デイトレードは合格です。しかし問題はキャリートレードです。

2003年からオーストラリアドル円(AUD/JPY)を中心にキャリートレードをしてきました。キャリートレードは個人投資家の多くがFXで行っている取引で、スワップ金利収益と、為替売買益を狙う投資手法です。

サブプライム問題が勃発する前までは、なんとまあ儲かること・・・。68.50円で始まった僕のキャリートレードのポジションは最高時で、証拠金の約5倍の利益をたたきだしました。なんとオーストラリアドル円は、世界経済の拡大と、高騰を続けるコモディティー価格に支えられ、1万豪ドル円につき約40円幅も利益がのってしまったのです。レバレッジ約10倍で数十万単位で取引していましたので、一時は数百万円単位の利益が出てしまいました。

まさに絶好調の波にのっていた僕のキャリートレードはサブプライム問題による絶叫とともに終焉を迎えました。100円を超えていた為替―トが毎週、数円単位で落ちていき、最後には2003年の買い値まであっという間に戻り、利益がすっとんでしまいました。その時わかったこと。キャリートレードにも損失確定が必要で、デイトレードと同じように、中長期的な情報収集と分析が必要である、ということ。そしてトレンドを追うことが必要であるということです。

覚えておこう

キャリートレードにも損失確定が必要で、デイトレードと同じように、中長期的な情報収集と分析が必要である。そしてキャリートレードほどトレンドを追うことが必要である。

①スワップによる収益は、為替差損のスピードには追いつけない。 ②高金利通貨は売られると、あっという間に下落する。 ③必ず損失確定注文を出しておく。

やはりキャリートレードの基本は、安く買って高く売ること。為替レートはいつまでも上がり続けないので、利益を確定するタイミングが最も重要である。

私が7年間のFXで学んだことは、決済するタイミングとその決断です。その元となる為替情報の収集と、分析は絶対におろそかにしてはいけない重要な事項です。


関連ページ
FXでは為替情報の収集と分析は絶対に欠かすことができません。初めてFXを始める初心者の方向けに為替予想の方法をご説明します。
>> ファンダメンタルズ分析の方法  >> テクニカル分析の方法
当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。