【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

FX業者の取引画面を達人が徹底解剖 >>レポーティングを読む


FX初心者必見!FXの仕組みをわかりやすく解説します

はじめてでもわかるFX


覚えて欲しいFXの仕組み

FXを取引する上で、覚えてほしい仕組みがあります。レバレッジと資金の管理方法です。FXはレバレッジの大小で元本(証拠金)に対するリスク・リターンをコントロールできる取引です。

例えばドル円(USD/JPY)の為替レートは通常であれば、2倍、3倍にはなりません。株式では企業の株価が数カ月で2倍、3倍になることがよくあります。しかし、為替の世界では100円の為替レートが数か月の間に、200円、300円になることはないのです。よくても5円から10円の変動幅位です。

ということは本来、株式よりもFXの方が安全であると言えます。為替レートは本来大きく動かないもの。そして本来動かない為替レートで、利益を狙い売買するためにレバレッジをかけ取引するのです。

例えば10万円を証拠金としてFX業者に預け入れ、レバレッジ10倍でドル円を1万ドル取引したとします。為替レートが6か月間で5円上がれば、10万円の元手に対して、5万円の利益です。この5万円の利益をもっと短期間であげようとすると、1日の小さな為替レートの変動を利用し、デイトレードをする必要があります。もともと1日の為替レートは、より変動がないため小さな利幅しか狙えないので、取引金額を大きくする、つまりレバレッジを大きくして短期で利益を狙うのです。

10万円の元手で、レバレッジ25倍でドル円を10万ドル取引します。狙う利幅は50銭です。(100,000万ドル×0.50円=5万円)

結果、レバレッジを大きくし取引金額を大きくすることで、小さな利益幅を狙うことができ、6か月間レバレッジ10倍で5万円と同額の利益がでるのです。

覚えておこう

レバレッジをコントロールし、利益幅をコントロールすることで、元本に対する収益率もコントロールすることができます。

①為替レートは本来動かないもの。 ②大きなレバレッジをかけなければ、瞬時に大きな損失はでない。 ③レバレッジを制する者はFXを制する。


関連ページ
レバレッジがわかればFXは楽しい。レバレッジの計算方法をわかりやすくご説明します。
>> レバレッジの計算方法とは
当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。