【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

正しいFX業者の選び方

私が実践しているFX業者の選び方

FX人気が高まるにつれ、各FX業者のサービスが向上してきており、取引するFX業者選びに頭を悩ませてしまいます。では投資金を預ける安心のFX業者とはどのような視点で選べばいいのでしょうか。FX歴7年の管理人がそのポイントをお教えします。

第一にお金を預けるわけですから、しっかりとしたFX業者を選ばなければいけません。

1 全額信託保全を採用している。
2 第三者格付けを取得している金融機関である。
3 経営母体がしっかりしている。

そして次にサービス内容を確認します。

1 為替情報、予想レポートが豊富。
2 スプレッド(取引コスト)が狭い。
3 スワップ金利が高い。
4 チャート、携帯取引システムなど取引ツールが充実している。

以上が、私たちが選択すべきFX業者の条件となります。しかしこんなにきつめの条件を満たすFX業者はあるのでしょうか。しかしこれらの条件は、私が大切なお金を預けることができるFX業者の最低条件で、それを譲るわけにはいきません。だって自分のお金ですから。私がメインで使っているFX業者はセントラル短資FXDMMFXGMOクリック証券 です。

上記の条件をすべて満たす唯一のFX業者がセントラル短資FXです。全額信託保全はもちろん、第三者格付け(長期安定BBB+)、銀行間市場で100年の歴史を持つ短資系のFX業者で経営母体も安心です。取引コストはスプレッド2銭と標準的なので、よっぽど沢山取引する投資家以外は満足できる内容です。また、チャートや売買シグナルサービスもあり、為替情報、データ類も豊富です。口座だけでも持っておいて損はありません。

そしてスプレッドで選ぶなら、DMMFXです。DMMFXは全額信託保全を完備しており、なんとドル円のスプレッドはドル円0.3銭原則固定。しかもサーバーは安定しており、スリッページもなく約定率も非常に高いです。GMOクリック証券 も全額信託保全は完備。スプレッドは固定0.8銭で通常の為替相場では遜色なく取引できます。発注機能付きのチャートや携帯取引システムも使いやすいです。この固定スプレッドという点で、GMOクリック証券 (固定スプレッド0.8銭)とあと一社、外為オンライン(固定スプレッド1銭)も選択肢にはいってきます。

通常取引するFX業者はセントラル短資FXDMMFXGMOクリック証券 外為オンラインで決まりです。

あとは自身の取引スタイルや、取引目的に応じてFX業者を選択したほうがいいでしょう。ちなみに私はスワップ目的の取引用に、スワップ金利が抜群に高いフォーランドオンラインでランドや豪ドルを取引しています。また1000通貨の少額取引用にFXトレーディングシステムズの口座を持っています。このFX業者は1000通貨から手数料無料、スプレッド0.5銭と、少額取引ができるFX業者の中では一番いいサービスを提供しています。その他では口座開設するだけで、膨大な優良為替情報、レポートが読める外為どっとコム。チャート分析は、マネーパートナーズの『ハイパースピード』か、楽天証券の『マーケットスピード』を利用すればいいでしょう。

税金優遇を重要視するならくりっく365のユニマット証券が手数料も安く、独自の取引システムがあり最も使いやすいと思います。私は最初、だいたい10社くらいに次々と口座を持ち、自身で取引をして使いやすさや、注文の出し方を試してみました。当ページでは、私の経験から、各FX業者に対する個人的な使用感を書いてみました。あくまでこれは私の意見なので、まずはいろんなFX業者を試してみることをおすすめします。皆様のご参考になれば幸いです。


関連ページ

多くの投資家が選んでいる人気のFX業者比較ランキング


当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。