【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

外貨投資を成功させるために!「ファンダメンタルズ分析」の読み方徹底攻略

資本収支黒字国の通貨は買い

財務省が発表している「国際収支統計」とは、前述した経常収支と、これから説明する資本収支を合計したものになります。

経常収支が、おもにモノやサービスのやりとりによって得られた収支状況を表しているのに対し、資本収支は資本、つまり、お金のやりとりによる収支状況を表しています。その内訳は「投資収支」と「その他資本収支」とに分かれます。

投資収支は、「直接投資」、「証券投資」、「その他投資」で構成されます。

相手企業を長期的に子会社にすることを目的にして株式投資をしたり、資金の貸し借りを行なったりした金額は、直接投資に含まれます。

証券投資は、株式や債券に投資した場合の金額を、その他投資はこれらに含まれないすべての資本取引が含まれます。

そして、その他資本収支には、固定資産の所有権移転や債権者による債務免除などが計上される「資本移転」と、特許権や著作権、商標権などの取得や処分による「その他資産」があります。

これらをトータルして計算される資本収支が黒字だった場合は、その国に資本が流入していることを意味します。つまり、外国の企業、個人、投資家などが、日本の資産を購入した結果として、日本への資本流入が増えていることになるのです。

これとは逆に、資本収支の赤字額が拡大している場合は、日本から海外への資本流出が進んでいることを意味します。つまり、日本の企業、個人、投資家が海外の資産を購入した場合などに、資本収支の赤字額が拡大するのです。

日本への資本流入が進むということは、日本円を買って日本の資産を購入しているということですから、当然、円が買われます。つまり、資本収支の黒字拡大は、その国の通貨高へとつながっていくのです。一方、逆であれば通貨安につながることになります。

資本収支と為替レート


関連ページ

FXのプロが語るFX投資の秘訣とは。実践的なFXの知識、分析方法をご紹介

当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。