【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

外貨投資を成功させるために!「ファンダメンタルズ分析」の読み方徹底攻略

経常収支黒字国の通貨は買い

かつては「国際収支説」といって、国際収支の一要素である経常収支が、為替レートを決定すると考えられていました。

経常収支とは、簡単にいえば、一定期間中における輸出額と輸入額の収支状況を示したものです。つまり、輸出額が輸入額を上回っていれば、経常収支は黒字になり、輸入額が輸出額を上回っていれば、経常収支は赤字になります。

経常収支はどういう資金のやりとりかによって、「貿易・サービス収支」、「所得収支」、「経常移転収支」の3つに分かれます。

「貿易・サービス収支」は、モノやサービスの輸出と輸入の収支を示したもので、経常収支のなかでは最も大きな金額を占めています。

「所得収支」は、日本企業が外国で行った企業活動によって得た利益から、外国企業が日本で行なった企業活動によって得た利益を差し引いて求められます。月によっては、貿易・サービス収支を上回る黒字を計上することがあります。

「経常移転収支」は、開発途上国への資金援助や国際機関への拠出金の合計額を示したものです。

日本の場合、ご存知のとおリ世界でも有数の援助国であることから、経常移転収支はマイナスの状態が続いています。以上の3つをトータルした経常収支と為替レートの関係については、以下の関係が原則であると覚えておいてください。

経常収支黒字↓円高進行
経常収支赤字↓円安進行

経常収支の黒字額が拡大しているということは、その国の国際競争力が強いことの証と考えることができます。

それとともに、経常収支が黒字ということは、その国に外貨が継続して入ってきているということですから、どこかの段階で蓄積された外貨が売られ、その国の通貨が買われることを連想させます。

つまり需給バランスの面からも、経常収支黒字国の通貨は買われるということになるわけです。

経常収支と為替レート


関連ページ

FXのプロが語るFX投資の秘訣とは。実践的なFXの知識、分析方法をご紹介

当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。