達人が教える為替相場の分析方法 「為替ディラーも注目!指標・情報・発言とは?」

FXの取引スタイル

4. 要人発言をチェックせよ

マーケットを左右するのは、経済指標だけではない。今後の経済運営、金融政策をどうしていくか、舵取りを担う要人の発言には耳を傾ける必要がある。彼らがデフレを懸念し、さらなる金融緩和を打ち出すのか、それとも引き締めに移るのか、発言の内容は為替相場にも影響を与える。

中でも、米国の金融政策を担うバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長と、ユーロ圏の金融政策をつかさどるトリシェECB(欧州中央銀行)総裁の発言は、真っ先に押さえておきたい。

彼らは、講演などの機会に金融政策の方向性を示唆する発言をする場合がある。景気を厳しく見ているのであれば、追加緩和を検討する可能性がある。その場合、市場は通貨安材料と受け止めることが多い。一方、物価上昇でインフレ懸念が強まると、金融引き締めに動く場合がある。トップの発言をヒントに、今後の金融政策運営の方向性を見定める。また、同じ主張を繰り返していたとしても、積極的に発言しているのか、消極的な発言に終始しているのか、ニュアンスを読み取ることも大切だ。発言を時系列で追っていき、その変化を観察してもよいだろう。

ほかにも相場に影響を与える要人は多い。米国の場合、政策金利の決定をするFOMC(連邦公開市場委員会)で投票権を持つメンバーの発言は注目だ。タドリーNY連邦銀行総裁の発言も重要だが、最近では、金融緩和に消極的で、バーナンキ議長が彼らをどう説得するかに心血を注いでいる「タカ派」の発言に関心が集まる。セントルイス地区連銀のブラード総裁やカンザスシティ地区連銀のホーニング総裁が代表格だ。

ユーロ圏内では、ドイツ連邦銀行のウェーバー総裁が重要人物だ。フランス出身のトリシェ氏と、しばしば路線対立しており、ユーロの方向性を見定めるうえでも、彼の発言内容には注意しておきたい。そのほか、IMF(国際通貨基金)のストロスカーン専務理事の発言などが、為替相場に影響を与えるといわれている。

講演やFOMCの開催日程については、経済指標と同様、経済カレンダーなどの情報欄に記載されている。リアルタイムで発言を確認できない場合でも、後で発言の要旨はチェックしておきたいものだ。


関連ページ

FXに必要な基礎知識に関して、これからFXを始める方向けにご説明いたします。

通貨の予想は、このFX会社の為替情報がいい

FX口座内で優良な為替情報を無料で閲覧できる会社をご紹介。ドル円の予想から、豪ドル円、NZドル円、ランド円など高金利通貨の情報も豊富です。口座開設をすると無料で閲覧できます。

FXプライム byGMO

FXプライム byGMO

会員むけ情報専門サイト「みんなの外為」で約70種類の為替情報、予想レポートを閲覧可能。

セントラル短資FX

FXダイレクトプラス

マーケットファインダーで政策金利の推移や予想、為替レートとの関連データが閲覧できます。


当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。