【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

FXの基礎知識

レバレッジの計算方法

レバレッジとは

レバレッジとは「テコの原理」のことです。このレバレッジ効果を利用し、銀行間市場で金融機関同士が行っている外国為替取引を、少額の投資金(証拠金)で取引できるのがFXです。

FXではこのレバレッジを利用した証拠金制度により、少ない投資金(証拠金)で、それ以上の大きな金額の取引をすることができます。投資家にとってレバレッジは非常に便利なものであると同時に、大きなレバレッジ効果を利用した過度の投機的取引にはリスクが伴います。これからFXを始める投資家は十分レバレッジに注意するとともに、その計算方法を必ずマスターしてください。FXを始めた当初はレバレッジの計算方法は難解に思えるのですが、一つの公式を覚えれば非常に簡単に思えてくるはずです。

レバレッジの計算方法

実際にレバレッジの計算をしてみましょう。例えば外貨預金。外貨預金はレバレッジ1倍の外貨建て金融商品という言い方ができます。外貨預金では1ドル=100円の時、1万ドルを買うと100万円の投資金が必要になります。これがレバレッジ1倍の状態です。

それでは外貨預金と同じようにFXでレバレッジ1倍の取引をしてみましょう。証拠金100万円を入金し1ドル100円の時、1万ドルを購入すれば、レバレッジは1倍です。FXでも外貨預金と同じようにレバレッジ1倍で取引ができ、為替レート変動による差損益も同じ金額です。

それではFXでレバレッジ2倍の取引をしてみましょう。証拠金50万円を入金し1ドル100円の時、1万ドルを購入すればレバレッジは2倍です。

レバレッジ計算には公式をひとつ覚えてください。これだけでレバレッジ計算ができるようになります。

レバレッジ倍率=レバレッジ1倍相当の金額÷証拠金額

上記の例でいえばレバレッジ1倍で1万ドルを購入するために必要な円貨は100万円です。そして預け入れた証拠金額はそれぞれ100万円または50万円です。

  • レバレッジ1倍 = レバレッジ1倍相当の金額(100万円) ÷ 証拠金額100万円
  • レバレッジ2倍 = レバレッジ1倍相当の金額(100万円) ÷ 証拠金額50万円

同じように今度はオーストラリアドル円の為替レートが80円の時に1万オーストラリアドルを購入したとします。レバレッジ1倍相当の金額は10,000オーストラリアドル×為替レート80円=800,000円。

  • 証拠金額を80万円としたとき・・・
    レバレッジ1倍 = レバレッジ1倍相当の金額(80万円) ÷ 証拠金額100万円
  • 証拠金額を20万円としたとき・・・
    レバレッ4倍 = レバレッジ1倍相当の金額(80万円) ÷ 証拠金額20万円
  • 証拠金額を4万円としたとき・・・
    レバレッ20倍 = レバレッジ1倍相当の金額(80万円) ÷ 証拠金額4万円

この公式にあてはめればレバレッジの計算方法も非常に簡単です。


関連ページ
投資スタイルで変わるFXのレバレッジ。デイトレーダー、スワップ派の方のおすすめレバレッジの大きさは?
>> FXの取引スタイル

レバレッジの大きさで変わる資金効率

FXのレバレッジ倍率の大小で投資金(証拠金)に対する収益率がかわってきます。たとえばレバレッジ10倍でドル円1万ドルを買い、為替レートが1円下がったとします。この時の損失は1万円です。つまりレバレッジ10倍で1円下がったときの損失は投資金に対して10%となります。つまりのところ10円下がれば投資金10万円はなくなります。

同じようにレバレッジ25倍で取引をすれば、必要な証拠金は1万円。1円下がれば1万円の損失となるので投資金に対する損失は100%となります。このようにレバレッジの大きさで損失の金額が決まってくるわけではありません。あくまで証拠金に対する損失の割合が決まってくることがご理解いただけるものと思います。たとえ外貨預金であっても同じように1円下がれば1万円の損失はでるのです。利益に関しても同じことがいえます。

レバレッジに関して正しい認識を持つことがFXの楽しさに触れる第一歩となります。


関連ページ

FXに必要な基礎知識に関して、これからFXを始める方向けにご説明いたします。

当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。