【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

FXの基礎知識

外国為替とは

世界最大規模、24時間眠らない市場。それが外国為替相場

外国為替相場の一日の取引高は2兆ドル。日本円に換算(1ドル=100円)すると約200兆円。日本の1年間の国家予算が約100兆円なので取引される金額の大きさがおわかりになると思います。その一方、外国為替相場に参加している人数は正確には、とても把握できない規模です。しかし参加者は、外国為替相場へのその目的により、主なグループにわけることができます。

銀行、証券、保険会社などの金融機関、海外に商品、サービスを提供している輸出業者などの実需筋、各国中央銀行、そしてジョージーソロスで有名なヘッジファンド、海外旅行者、外貨預金などの外貨建て金融商品を購入する個人投資家などです。つまり日本の円とアメリカのドルなど異なる2国間の通貨を交換する行為をしている人、外国為替取引をしている人すべてが、外国為替相場への参加者なのです。ですから外国為替相場では、非常に大きな金額が取引され、多くの参加者が外国為替相場にたずさわることになるのです。

そしてこの外国為替相場(外国為替市場)24時間眠らないマーケットとも言われます。1日24時間、365日外国為替市場は動き続けているのです。世界中の会社、あるいは人々がつねに異なる2国間の通貨の交換を行っています。結果その交換レートである為替レートは動き続けています。

ニューヨーク市場が終わるとその日の取引が全て終了。そしてニューヨーク市場が終わると同時に再びウェリントン市場が始まる。

また、外国為替相場への主な市場参加者の国・地域により、外国為替相場には市場名がつけられます。日本時間で早い順ごとに①オセアニア市場②オーストラリア市場②アジア市場③欧州市場④北米市場と呼ばれています。日本時間の午前7:00位になると、オーストラリアが午前9:00頃になります。その国の会社、人々が活発に外国為替取引を行います。また日本時間午前9:00には日本などのアジアの会社、人々が外国為替取引を活発に行います。ですからアジア市場という名前で呼ばれます。時間がすすむにつれて取引の中心となる場所(市場)が移っていき、またもとの場所に戻ってくるわけです。つまりオセアニアや東京、ロンドン、ニューヨークに取引所があるわけではなく、その取引の中心となる国・地域が市場名でよばれていると覚えたほうがいいでしょう。なお①、②はオセアニア時間、②は東京時間、③はロンドン時間④はニューヨーク時間という時間名称で呼ばれることもあります。

外国為替相場は国力の鏡

「外国為替相場は国力の鏡」という言われ方をします。外国為替相場で交換取引される異なる2国の通貨は、使用する通貨を交換するだけではありません。たとえば日本人がアメリカに旅行をするために日本円を米国のドルに交換する行為は、米ドルを使用するための外国為替取引(交換取引)になります。

しかし外国為替相場では、絶え間なく流れてくる各国の経済情勢や経済予想、事故、気候変動によるニュースにも敏感に反応をします。

例えば米国の雇用情勢が悪い(米国雇用統計の数字が事前予想よりマイナス発表がされた)、政策金利の引き上げ観測がだされた(FRB議長がFFレートの引き上げに関するコメントを発表した)、米国の西部沿岸地域がハリケーンで被害を受けそうなど、様々なニュースをもとに米ドルは買われたり、売られたりします。そして米ドルを受け取る(買う)ためには、払う(売る)通貨があるわけです。それが日本の円であったり、ユーロであったりします。このように買いたい通貨があれば、売りたい通貨が存在するのです。当然売りたい通貨は、その国の経済情勢がよくなかったり、経済成長が見込めない国の通貨であったりします。このように外国為替相場の為替レートの動向をみると世界中の人たちが、その国をどのように見ているのか、また世界経済の動向をどのように判断しているのかを見ることができるのです。


関連ページ
外国為替相場における最新の情報、為替予想レポートを入手することはFXにおいて非常に重要です。FX会社の口座開設をすると優良な情報を無料で利用することができます。
>> 豊富な為替情報比較

外国為替の知識を生活に活かす

外国為替相場は、つねに外貨の資産、負債価値を増減させ、輸出入企業の収益や、国内物価の変動をもたらします。よくニュースで「今日の株式市場では円高進行により輸出企業関連株を中心に売られました」などとコメントがだされています。外国為替相場の動向は株式市場にも影響を及ぼすのです。

1998年の外為法改正により、国から免許を取得した金融機関以外の誰でも外国為替取引を行うことができるようになりました。今では銀行にいかなくても誰でもインターネットを使って高い利回りを期待できる外貨建て金融商品を購入できるようになりました。個人投資家がその恩恵を最も受けている金融商品がFXと言えるでしょう。

また海外旅行にいった際、円高メリットを感じた人は多いと思います。たとえばブランドのバックが日本では10万円でも、米国では8万円(1ドル=80円時)で買うことができたりします。国内の日常生活においても中東から輸入する原油、その他食料品の原材料価格が円高になると下がるため、ガソリンなどのエネルギー価格、卵、パンなど食料品などの小売価格も下がります。自国の通貨の価値があがり、他の国の通貨に対して強くなるのは決して悪いことばかりではないのです。

しかし個人投資家や外貨資産を持っている会社、投資家は違います。円が他の国の通貨に対して強くなることは外貨資産の価値が下がることになります。

外国為替相場が私たちの日常生活に与える影響は非常に大きくなっています。特に資産運用では、円高になると投資家は外貨預金を購入するため、銀行の窓口に並びます。また最近ではFXが資産運用の手段として注目され、円高になるとFX会社の口座開設がストップするほど活況を呈していると新聞、ニュースで報道されています。このように外国為替相場の動向は私たちの日常生活にも大きな影響を及ぼしているのです。


関連ページ

FXに必要な基礎知識に関して、これからFXを始める方向けにご説明いたします。

当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。