【注目】FX業者選びの決定版! 掲載FX業者全てを一覧で比べたい 詳しくはこちら

FXの基礎知識

利益の計算方法

利益の計算方法

FXの利益、損失の計算方法をしっかりマスターしましょう。一度計算式を覚えれば計算方法はいたって簡単です。

FXでは円安、円高でも利益を狙うことができます。外貨預金では外貨を購入(買う)すると同時に円を売ることしかできないため、円高になると含み損を抱え続けてしまいます。

しかしFXは証拠金取引なので、円高局面では円を買う取引からスタートできるのです。FXは円安でも円高でも利益を狙える。非常にチャンスの幅が広がります。

例えばドル円を100円で1万ドル買っていたとします。予想どおり円安になって為替レートは5円上がりました。そのときの計算方法は次のとおりです。

例1

(105円 - 100円) × 10,000ドル = 5万円の利益。

※ 予想に反して5円下がれば同様に5万円の損失が発生します。

例2

またドル円を100円で5万ドル売っていたとします。予想通り円高になって為替レートは5円下がりました。そのときの計算方法は次のとおりです。

(100円 - 95円) × 10,000ドル = 5万円の利益。

※ 予想に反して5円上がれば同様に5万円の損失が発生します。

ユーロドルなど円が絡まない通貨ペアの計算方法は次のとおりです。

例3

ユーロドルを1.4000ドルで1万ユーロ買っていたとします。予想どおりドル売りユーロ買いになり、為替レートは0.0100上がりました。そのときの計算方法は次のとおりです。

(1.4100ドル - 1.4000ドル) × 10,000ユーロ = 100ドル

利益は100ドルになります。円で利益を計算するには100ドルにドル円の為替レートをかけます。1ドル100円の時なら利益は日本円で1万円になります。

※ 予想に反して0.0100ドル下がれば同様に1万円の損失が発生します。FX会社によりユーロドルなどを取引して発生した差損益を自動的に円にかえて口座に反映するFX会社もあります。

円高・円安で利益を狙う

通常円高の時は買いからスタートして、売りで決済して利益を狙います。逆に円安の時は売りからスタートして買いで決済し利益を狙います。これは逆張りのトレード手法と言われますがこれからFXを始める初心者の方には馴染みやすい取引手法であると思います。ドル円などのレンジ相場が出現しやすい通貨ぺアで有効な手法です。


関連ページ
円安・円高で利益と損失をコントロールするために指値注文などを使いこなしましょう。わかりやすく各注文方法をご説明します。
>> 指値注文  >> 逆指値注文  >> IfDone注文  >> OCO注文  >> トレール注文  >> リピートイフダン注文

売りから取引をスタートする・・・という意味

売りから取引を始める・・・外貨売り円を買いの取引と言われてもピンとこないと思います。詳しくご説明します。FXは一定の証拠金(担保金)を預けて取引します。なぜこのような取引ができるかというと、FXは最後に反対売買をしなくては取引を終了させることができない差金決済であるため、取引の期間だけFX会社が定めた証拠金を預けておけば、空売りからスタートすることができるのです。

当サイトではこれからFXを始める初心者むけに取引の仕組みをご紹介するFX入門サイトです。またFX業者の取引サービス、各種口座開設キャンペーン情報を記載しております。その正確性、内容に関しましては一切の責任を負いません。必ず口座開設ならびにFX取引をお始めになられる前に、手数料、レバレッジ、通貨ペア、ロスカットルール、信託保全などに関しまして各FX業者のホームページなどでご確認ください。ご不明な点は各FX業者のお客さまセンターにてご確認ください。取引入門の学習ならびにFX業者選びは自己責任でお願いします。